『ブルースターカフェ』にて。

f:id:massan0613:20220521191241j:image

蜻蛉池公園で開催されていた『ローズフェア2022』の帰り、『ブルースターカフェ』へ。

 

オープン当初に行ったときより、メニューが豊富になっていてびっくり。
f:id:massan0613:20220521191244j:image

ほうじ茶ラテを注文すると、可愛いらしいアートが施されていた。

 

次回はぜひランチ目的で立ち寄りたい。

上品に仕上げるインド綿ワンピース。

f:id:massan0613:20220524100904j:image

シックなカラーのインド綿ワンピース、3カラー。
f:id:massan0613:20220524100908j:image

ガトーロマンティーク エコールいずみ店にて入荷中。


f:id:massan0613:20220524100902j:image

風通しの良い柔らかな生地。

 

シアーカーディガンや薄手のパーカーなどを羽織ってお出掛けにも活躍。
f:id:massan0613:20220524100858j:image

エストは両サイドで絞ってバランス良く。

 

アーティスティックで繊細な柄が、華やかさを際立たせる。

異文化を知ることで、ありがたみを感じる。

f:id:massan0613:20220426080833j:image

ドイツではしばらくの間、ホテルで仮住まいをしているダンナさん。

 

使用している洗濯機や乾燥機には、日本語で説明書きが。

 

あちらでは景観が乱れるということで、洗濯物は外干しできないそう。

 

なので乾燥機も含め、洗濯時間は約2時間。

 

日光での自然乾燥が当たり前で育ってきたわたしとって信じられない文化だ。

 

それぞれの良さがあるのだろうと腹落ちさせつつも、太陽の下でパリッと乾いた大量の洗濯物にありがたみを感じる午後。

 

 

 

 

ふつうのデニムパンツに飽きたら。

f:id:massan0613:20220523101714j:image

遊び心溢れるモノトーンの切り替えデザイン。
f:id:massan0613:20220523101724j:image

ガトーロマンティーク エコールいずみ店にて入荷中のサイドフリルカットソー。

 

エストをすっきり見せる、ペプラムタイプの裾部分。

 

f:id:massan0613:20220524051520j:image

インパクト大の切り替えデニムパンツは2カラー。


f:id:massan0613:20220523101721j:image

オシャレの差別化を図るフリンジデザイン。

 

このような細部へのこだわりが、美意識高い女性たちから熱い支持を受けている。

ローズフェアにて。

f:id:massan0613:20220521191211j:image

大阪府岸和田市にある、『蜻蛉池公園』。
f:id:massan0613:20220521191214j:image

そこで開催された『2022 春のローズフェア』へ。
f:id:massan0613:20220521191204j:image

色とりどりのバラが公園いっぱいに広がる。
f:id:massan0613:20220521191208j:image

各地から多数の来場者で賑わっていた。
f:id:massan0613:20220521191158j:image

ヨーロッパをイメージした建造物をバックに。

 

より一層バラが映える。
f:id:massan0613:20220521191202j:image

↑「一気に声に出して読んでみて。」

 

無理難題を押しつけてきた娘さん。

 

当然、舌を噛む。

華やかな中にシックな印象を。

f:id:massan0613:20220523101758j:image

ワイドパンツスタイルをエレガントに演出、レースブラウス。
f:id:massan0613:20220523101801j:image

ガトーロマンティーク エコールいずみ店にて入荷中。


f:id:massan0613:20220523101754j:image

華やかさの中にシックな印象を持つ。

 

着こなしに自信が無いなら、肌馴染みの良いベージュを。
f:id:massan0613:20220523101751j:image

張り感たっぷりのワイドパンツは3カラー展開。

 

真夏も活躍する風通しの良い生地。

 

ビタミンカラーのオレンジが今年っぽい。

『満足』する視点を持つ。

f:id:massan0613:20220507050820j:image

いつも満足する視点を持っていたい。

 

わたしも含め、人はつい欠乏に意識を向けがちだ。

 

『足りない』ことにフォーカスしていると、どんどん不足感が拡大していくもの。

 

それよりも『いま、あるもの』を見る、感じる、味わう。

 

満足感を得ることで、欠乏感はいつのまにか消えている。

 

毎日何気なく使うもの、食べるもの、ひとつひとつに意識を向けることで感謝の気持ちがを湧いてくるもの。