親のような存在。

ブログ毎日更新12年目に入った。

f:id:massan0613:20210917052449p:image

 

 

『ごくごく当たり前のような気がしていることをシアワセと気づくことこそが、永遠。』

 

初投稿に綴った、山本ふみこさんの本の一節。

 

外側に幸せを求めて続け、ひとりもがき苦しんでいた時期に出会った、わたしにとっての金言。

 

ブログを毎日ひとつ綴るたび、わたしが人生に求めるものよりも、人生がわたしに何を求めているのか考え方をシフトできるように。

 

ブログ継続は、まさにわたしをここまで育ててくれた親のような存在となっている。

 

 

 

 

いまどきデニムジャケット。

f:id:massan0613:20210914130012j:image

進化し続けるデニムジャケットは、ガトーロマンティーク エコールいずみ店、毎回人気のアイテム。
f:id:massan0613:20210914130016j:image

インナーに着用のリブニットはスクエアネックで。
f:id:massan0613:20210914130009j:image

ブロックチェックのスカートは主張し過ぎないカラーデザイン。
f:id:massan0613:20210914130019j:image

珍しいスタンドフリンジカラーのデニムジャケット、2カラー。

 

いまどきのデニムジャケットはふんわりしたフォルムが主流に。

 

体を締め付けない縫製がこなれ感をつくる。

共感力を高める。

f:id:massan0613:20210912051529j:image

週末、大阪梅田にある、『グランフロント大阪』と『ルクア』へ。

 

毎回、トレンドファッションをチェックする目的で、セレクトショップなどをさらっと見て回る。

 

ちなみにお店は『ミラ オーエン』『トゥモローランド』『ノーブル』『アダム エ ロペ』などをメインに。

 

雑誌やインターネットでチェックするのも手っ取り早いが、直接お店の商品を手に取って、生地感や空気感を五感で感じることを大切にしている。

 

視覚だけでは判断できない洋服の良さを感じ取る。

 

自分のテンションが上がる瞬間と向き合う。

 

これは、接客をする際、お客さまの感情に共感する場面で大変有効になる。

 

 

 

エコレザージャケットで先取りファッション。

f:id:massan0613:20210913102951j:image

気温の低下が楽しみになる、エコレザージャケット。
f:id:massan0613:20210913102945j:image

インナーのマルチストライプニットは3カラー。

 

ボトルネックを着る際、なるべくヘアスタイルはコンパクトに。

 

f:id:massan0613:20210913102953j:image

トレンチコートタイプのジャケットは、コーデュロイの襟部分が取り外し可能。
f:id:massan0613:20210913102948j:image

↑ 寒暖や洋服の雰囲気に合わせて。

 

やわらかなエコレザーが、全体をスタイリッシュにまとめてくれる。

怒りや脅しで人はコントロールできない。

人を育てるのなら、最も効果的な方法は感謝することだ。

 

育児を20年以上やってきて、まわりの人たちの育児方法を観察する機会も多々あるなか、よく見かけたのは子どもを『叱る』『脅す』。

 

ただ、命に関わるような危険な状況なら本気で叱ることも必要だ。

 

しかしながらほとんどの子育てにおいて、その子の才能やしつけ、自己肯定感を伸ばす際、怒ったり脅したりしても一時的なもので終わる。

 

あと、ご褒美制を取り入れている家庭も多いが、外的動機付けで育つと他人軸で生きる気質になる恐れも。

 

子どもが内的動機付けで、常に自分から意志を持って行動するよう促すには、どんなちいさなことでもその子がやったことに対して『感謝する』『ありがとうを言う』こと。

 

あと、『嬉しい感情を少しおおげさなくらい表す』ことだ。

 

これを繰り返すうちに子どもの自尊心が高まり、自分の行動に自信を持てるように。

 

さらに勉強や運動、身の回りのことなど自ら積極的に計画を立てられるようになる。

 

たとえ失敗したとしてもすぐに切り替えができるように。

 

怒る・脅すは一時的な成長で終わる。

 

感謝・嬉しい感情を表すことは長期的な成長につながる。

 

ちなみにこれは職場仲間を育てる場合にも、あと家事や育児に参加してくれない夫に動いてもらう場合にも有効だ。

 

おまけ。

 

f:id:massan0613:20210908060136j:image

マツキヨオリジナルのキズテープ。

 

安価な割に効き目抜群。

 

 

 

 

 

ゾウのスマホケースを馴染ませて。

f:id:massan0613:20210909210445j:image

昨年から人気のニットレイヤードスタイル。


f:id:massan0613:20210909103843j:image

ガトーロマンティーク エコールいずみ店にて入荷中の3カラー。

 

ナチュラルカラーにノスタルジーあふれるニット柄。

 

全体をふんわり優しくまとめたい。
f:id:massan0613:20210909103854j:image

可愛らしいゾウのスマホ&小物入れ。
f:id:massan0613:20210909103846j:image

ファスナー付きで小銭入れとしても万能。
f:id:massan0613:20210909103848j:image

シンプルだけどどこか愛嬌のあるゾウの表情。

 

さり気なく洋服のトーンに合わせると、幼く見えない。

ビッグシルエットは手と足首を強調して。

f:id:massan0613:20210907102928j:image

今季、チェック柄抜きでは始まらない。
f:id:massan0613:20210907102931j:image

ガトーロマンティーク エコールいずみ店にて入荷中のビッグシルエットワンピース。
f:id:massan0613:20210907102921j:image

レトロ・モダンな配色が余裕のある大人っぽい雰囲気を演出。
f:id:massan0613:20210907102924j:image

嬉しい裾スリット入り。

 

私ごとだが、近ごろはボトムスにスリットが入っているか否かが購入の決め手に。